最近…

壱式購入以後、物欲のたがが外れてしまったらしく、最近はちょっと暴走気味でライトにかける単価が上がってきてしまいました困った

欲しいライトを上げたら切りがないのですが、トップFIVEはこんな感じです。
第1位:SILVER AA
第2位:JIL-LITE 1.3W
第3位:TIKKA XP
第4位:ARC AAA
第5位:HDS BASIC60

う~ん、我ながら凄いトップ5ですね~…

この中で一番実用ライトとして期待しているのが、「TIKKA XP」です。
95gと軽量でランタイムも長く,ブーストモードや拡散光モードなど、従来の1Wのヘッドランプの弱点を克服した、使い勝手のよい設計となっています。今まで5mm多灯のヘッドランプだと手元を照らすのには丁度いいのですが、キャンプ場など暗闇の中を歩くのにはちょっと光量不足を感じていましたので、遠近両用のヘッドランプは出ないかと探していた時だったので、グッドタイミングでした。7月に発売予定だそうですので,発売が待ち遠しいです。
慌ててMYO XPやL1を買わなくてよかった~

第2位に上げたJIL-LITEですが、中部プロットさんに注文してしまいましたロケット
直に韓国から購入すればもっと安く買えるのですが,支払方法はPAYPALみたいで、PCのセキュリティーが低くてPAYPALにアクセスできない私には購入不可!!涙をのんで購入決定に至りました。
でもJIL-LITE以上に欲しいのが「CR-2カプセル」です。日本で似たようなものを販売しているお店をご存知でしたら、ぜひ教えてくださいすいませんもし一緒に注文してやってもいいよ、という方がいらっしゃいましたら、尚のことよろしくお願いしますすいませんすいません

bonさんのとこのBBSで予告した、壱式のコリメータMODですが、現在組み込み方法など検証中です。今日または明日中にはアップします。

電池のガタツキ

壱式は非常に完成度の高いライトですが,唯一の弱点として、オフ時に電池ががたついてカタカタと音がしてしまいます。

この手のガタツキ治具としては、100均の「魚の目パッド」が有名ですが、やわらかい素材のためすぐにヘタってしまいます。そこで、イスなんかの滑り止めに使われているスポンジを電池のサイズに切って試してみましたが、今度は厚さが厚すぎてオン・オフを繰り返すうちにユニットも一緒に回ってしまい、緩んでしまいました。

う~ん、難しい落ち込み

何か無いかと色々物色して見ましたが,厚みを調節できてなおかつヘタリ難い素材・・・
って事で、こんなものを見つけました。
gatatuki.jpg

パンチで開けた穴を保護するための、ドーナツ状のシールです。
直径も14.5mmでCR2にジャストサイズ!しかも厚みも重ねる枚数によって微調節可能。
左が紙製で、右がフィルム製です。若干ですが紙製の方が厚いようです。

早速試してみたところ、12枚重ねたものをプラス側に、1枚をマイナス側に貼り付けてみるとオンから180度回転させても電池はカタカタいわなくなりました。
何度かぐりぐりとヘッドを回してみましたが、今のところユニットの緩みはみられません。
ぜひ、お試しあれ音符

ミニマグAA MOD

壱式ネタも行き詰まってきたので、本日はミニマグAAのお話。

ミニマグAA、これはライト好きの人は勿論ですが,アウトドアが好きな人も大多数の人が持っていると思います。定番ですね。
LED全盛になっても頑なにフィラメントのポリシーを貫いているわけなんですが,フィラメントだと暗いしランタイムも短いし使い物になりません。初めて買ったライトという思い入れもありますし,何とか活用したいと思っていました。

で、何かないかなーと探していますと,イルミナムさんのブログでMJ LEDというものが2AAでDCコン無しでも結構明るいぞ、ということを書いていらっしゃいました。
これはいいという事で探してみましたが,どこも欠品状態困った
そこで、これにしました。「Uncut High Power White 5mm/25degree LED」1個3.25$
ここでも話題に出ていましたが,MJ LEDの加工前のものだそうです。

組み込んだ感想ですが,ドロップインの明るさには敵いませんが,ランタイムが期待できますし、実用に足る必要充分の光量を持っています。勿論焦点調節も可能ですので、ワイドとスポットの切り替えも出来ます。部屋に置いておく非常用にもってこいだと感じました。
mm.jpg


照射比較です。左がワイド、右がスポットです。壁までは約30cmです。
img20050522.jpg



ミニマグへの組み込み方ですが,イルミナムさんのページで詳しく説明されていますので,詳しくはそちらで汗簡単に説明しますと,電池のプラスとマイナスを確認してLEDをフィラメントの刺さっている穴に一番奥まで差し込み,リフレクタのLED側の穴をLEDが入るくらいまで広げるだけです。ほ~ら、あなたもだんだんやってみたくなってきた音符
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ