2005年04月

DOP-11MG

今、Flashlight FanのBBSなど一部で盛り上がっているELPAのDOP-11MG。

市販価格が大体4000円前後の割には値段不相応の非常に良くできたライトです。
スペックはラクシオンⅢを搭載して1×123Aで駆動します。123Aはネットで1個200円以下で購入できますが,貧乏性の私としては使うのにはちょっと勇気が要ります落ち込み
なので、先のFlashlight FanのBBSでリオさんが音頭を取って1AA,2AAアダプターを製作中です。興味のおありの方はぜひBBSを覗いてみてください。近いうちに2次募集があると思います。

さて、ようやく本題に入りますが,私の11MGはBBSでシロクマさんのやっていたハイターを使ったアルマイト剥しに挑戦しました。
結果はというと困った惨敗{困った}でした。
まず、ヘッドを外す時に傷だらけになり、ラクシオンを押えるプラパーツも
外す際に割れてしまい、再利用不可な状態になってしまうし、リフレクターが外れなかったため一緒にハイターにつけて、その後無水エタノールでリフを拭いたら、、、、
リフの表面の銀箔が剥がれ、一面金色になってしまいました怒り
rifu.jpg


でまあ、このままでも一応照射光は白いのですが,精神衛生上よろしくないということでリフの付け替えと相成りました。

私はこの手のModは初挑戦なので、BBSで相談した所ごんたさんに色々とアドバイスを頂きました。
サンドイッチショップで売っているφ20mmのミニマグ用のリフだと高さが足りないし、φ27mmだと高さは充分かもしれませんが直径が大きいためヘッドに仕込むには加工が必要ということでした。
それを踏まえて私の技術で出来て、なおかつ簡単な方法は何かないかなって考えてみますと,ヘッド内のラクシオンとDCコンの間のアルミのスペーサーの高さを高くして,φ20mmのリフを採用するのが簡単なようです。

現在サンドイッチショップにリフは発注中ですので、とりあえず手元にあるミニマグAAのリフを加工して試作してみました。

11mg.jpg

左が今回新たに作ったスペーサーを仕込んだもの,右が元々のスペーサーです。
このスペーサーですが,近所で直径21mmのアルミパイプがなかったので、仕方がないのでアルミ板から切り出して円筒形を作って代用としました。
結果的にヒートシンクとしても容量がアップしたと思います。

ミニマグのリフを仕込んだ照射光は、オリジナルよりも照射範囲が広がり全体をまんべんなく照らす好みの感じになりました。
サンドイッチショップからリフが届き次第、再度リフを交換したいと思います。
こうご期待笑いって誰も期待してないか困った

Wah Mod

初めてのギターねた。

ギターに興味の無い人は、読んでも全く面白くないこと必至ですので、覚悟して読んで下さい。
また、今回のModは自己責任のもと、市販品をばらして行っています。それによりメーカーの保証対象外になりますのでご注意ください。この記事を参考にして同様にModする場合は自己責任でお願いします。(あ~~、気持ちいい)

本題に入りますが、今回はギターで使う、エフェクターの一つ「Wah Pedal」のModです。
以前、リンクで紹介しているヒラケンさんの「Wah Mod(追求編)」を参考にしてWahの中身をそっくり作り変えて結構満足していたのですが、こちらで新しくHALOインダクターのレプリカを購入したので、その実力を試すとともに中身の再検証をしてみようと思います。

で、これが今回購入したHALOインダクターレプリカです。
img20050420.jpg


手作りで一つ一つ作られているらしく、抜群の精度を誇るということですが、、、、さてさて、その実力はいかに。

今回のインダクター以外の使用パーツです。
0.01uFのコンデンサにはスチロールコンデンサ、銅箔ポリプロピレン、ERO1822を0.22uFのコンデンサにはERO1862、ERO1822、トロピカルフィッシュを、トランジスタはセントラルの2N5172、ポットはFulltone、電解コンデンサは国産のBPコンデンサ(1.0uF)を4つ並列にして4.0uFにして使用、スイッチは9PDT、ジャックはスイッチクラフトのクローズドタイプ、配線材はホリヨークの撚り線、ハンダは組み上げてみてから再度検証したいと思います。

また、参考にしたサイトは上記のヒラケンさんのサイトと、KAZUHEEさんのTEXAS BLOODです。この二つのサイトで紹介されている値を参考にしながらHear&Tryをしながら値と種類を決定したいと思います。

それでは、Mod開始~~ロケット

まずは現在の状態でインダクターのみ変えてみます。おっと、今の状態をしっかり確認してから交換に移ります。ただ現在の基板はFASEL用に作っているので基板上のパーツを移動させてHALOが乗るスペースを作ります。ユニバーサル基板で作っているので、一つ一つハンダを吸い取って、ばらしたレンツの撚り線で結線しなおしていかないといけません・・・はぁ

・・・約30分経過・・・

で、ようやく乗せ替えが完了しました。早速アンプに繋いでみます。
「.........クワァァァウ......」をを、キャラが違う!(いや、当たり前ですが...)
しばらく弾いた後のインプレはそれぞれこんな感じです。

FASEL赤:充分使える音。太く、甘く、サチュレーションも気持ちいい音です。
HALOレプリカ:FASEL赤のいい所はそのままに、更にビンテージ感が増したって感じです。FASEL用の設定では若干音がライトになります。これがこのインダクターのキャラなのか、ので、この後更にチューニングが必要になります。

で、次は選んだインダクターに合わせてコンデンサーと抵抗の値を決めていきます。

まずは0.01uFのコンデンサは、銅箔やERO1822でも充分いい音がするのですが、よりビンテージな感じがするのでスチコン(Dr.Beatさん、ありがとうございます)を採用します。

また、フィードバックのコンデンサはTEXAS BLOODさんで紹介されているように0.014uFにした方が音が好みでしたので,今回は0.014uFで行くことにします。

0.22uFはERO1822も比較的手に入りやすく,好きなコンデンサなのですが、今回は音がちょっとあっさりしすぎているかなって感じがしますのでパス。
ERO1862もしっかりした中域が魅力的ですが,トロピカルフィッシュはこの二つに比べて音がダークで,厚みのあるしっかりした音がします。なので今回はトロピカルフィッシュで決まり!

最後に抵抗で更に音の最終調整していきます。
結果的にこんな感じに落ち着きました。
470Ω(ワウのピーク):470Ω
33kΩ(ワウのシェイプ):47kΩ

調整は大体1時間くらいでしょうか?途中何度かCDを聞いたりして、理想としている音を確認しながら進めていきました。

あとは調整時のままになっている基盤を綺麗に配線しなおすだけです。
コンデンサのリード線を切るのが勿体無かったので、長いまんまソケットに刺さっていたりしますので...

今回は非常に満足の行くModとなりました。
これなら市販されているBUDDAなんかにも負けないと思います拍手

次回は、DOP-11MGのリフ交換をアップしようと思います。


コットのススメ

ちょっと更新の間があいてしまいました困った

今日はキャンプでの睡眠についてのお話。
私はキャンプでの睡眠時には必ずコット(折畳式のベッド)を使用しています。
私がキャンプに行くのは主にボーイスカウトの引率の時。
しかも、3月から12月まで毎月1回から2回行っています。
なので、キャンプの睡眠で熟睡するのは必須になってきます。
まあ、夜は宴会が始めるので実際に寝るのは2時くらいからですが

で、コットを使うと何がいいかというと、
疲れの取れ具合が全然違います!!いや、ほんとに!!

夏はスクリーンタープの中でメッシュにしてコットに寝ればテントの中で寝るより涼しいですし(男だらけじゃないとできませんが、、、汗)、何より地面からの熱気や冷気が直接伝わらないので、非常に快適に寝れます。

最近はGIコットでも3000~4000円くらいで売っていますし、ファミリーキャンプなんかで車で荷物を運ぶのであれば、是非コットを一度使ってみてください。病み付きになりますよ笑い

ランタンMod その1

今日はガスランタンネタです。

私はランタンや、ストーブが大好きです。
メーカーにこだわりはありません。スペックやデザインなど自分的に惹かれるモノを集めています。
因みにこの話題をするとガス派とホワイトガソリンはに分かれるのですが、私はガス派。とりわけホームセンターなどで3本200円くらいで売っている、カセットボンベをそのままor詰め替えて使っています。

で、今回はランタンコレクションの一つ、Snow Peakの「天」です。(ネタバレになるので写真はなしよウインク
これは数年前に発売されていたのですが、昨年ようやく手にいれました笑い
明るさは明るすぎず、暗すぎず。大きさは手のひらサイズで非常にコンパクト。
燃焼音もまあ許せる大きさ。

ただこのランタン、非常に残念な点が2つあります。
一つ目はケースにしまう時にガス量を調節するつまみを少し開けた状態でしまわなければいけないこと。(そのままガスボンベにつけるとガスが漏れてしまいます。)

二つ目(これがネックで購入を控えていました落ち込み)はチェーンがついておらず、吊り下げて使うことが出来ません。ダメ

これでは魅力が半減です。何とかしなければ、、、ということで、Modと相成りました。

さて、どうするかなってことで各社のランタンをリサーチ開始。
天の場合、ベンチレーターが取り外し式になっているので、ここにチェーンをつけるのは恐い。
なので、今回はプリムスの2245方式を採用してホヤを受けている台座にチェーンを取り付けることに決定。
次はパーツ探し。ホームセンターに行ってあっちこっち見て回って見つけたのが切り売りのボールチェーンとその太さのボールチェーン用のエンドパーツです(お風呂の栓についているアレです。)

早速買って帰ってきて、ランタン部分の加工です。
といっても穴を開けるだけです、、、いや、場所決めはシビアだし、素材がステンなので穴も空きづらいし結構大変でした

で、組み立てて、完成です拍手
img20050408.jpg

製作時間は約1~2時間で、制作費は300円くらいでした。
上についている針金はチェーンのホヤへのぶつかり防止です。まんま2245のパクリです。

ソロキャンプなんかで活躍間違いなしびっくり
出番も増えそうです笑顔

ライト de ランタン

ライトネタ第一弾~~~~~!!

ですが、いきなりのパクリネタですから~~!残念!!悲しい
ネタ提供ありがとうございます、98kさんウインク

で、今回のランタンModのイケニエはランタイムや、散光具合がランタン向きなELPA DOP-09SLです。
09_1.jpg

写真のように(分かり難いですが、、、汗)もともとあったストラップの穴の反対側に穴を開けてテントの天井や、首から下げれるようにしています。
まあ、そのお陰でテーブルランタンとして立てて使うことが出来ませんダメ

あっ、もう一つのイケニエ=MODぱーつの紹介を忘れていました。
pa-tu.jpg

今回は100均で手に入れたこの2つを試してみました。
左はおなじみのダイソーさんの「光るボール」で、右は水道の蛇口につけるアレです笑顔

左のボールはちょっと大きすぎるので、却下!
晴れて右のパーツが採用となりました拍手

で、改造時間30秒後がこれです。
09sl_1.jpg

どうでしょう、結構違和感ないでしょ?力ずくで押し込んだので、結構ぴったりフィットしてます。
明るさもボールのときとそんなに大差なく、充分実用になる出来でした。

ただ、このままだとパクっただけで面白くないので、更に一工夫。
緑のグローパウダーをメッシュ部分に仕込んでみました(といっても、振りかけただけ)
ライトを消すと、メッシュ部分全体がまばらに光ります。
09sl1.jpg

いや~、結構自分的に満足の行くModが出来ました。

次回はよりはいれべるなMODを目指したいと思います。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ