今、Flashlight FanのBBSなど一部で盛り上がっているELPAのDOP-11MG。

市販価格が大体4000円前後の割には値段不相応の非常に良くできたライトです。
スペックはラクシオンⅢを搭載して1×123Aで駆動します。123Aはネットで1個200円以下で購入できますが,貧乏性の私としては使うのにはちょっと勇気が要ります落ち込み
なので、先のFlashlight FanのBBSでリオさんが音頭を取って1AA,2AAアダプターを製作中です。興味のおありの方はぜひBBSを覗いてみてください。近いうちに2次募集があると思います。

さて、ようやく本題に入りますが,私の11MGはBBSでシロクマさんのやっていたハイターを使ったアルマイト剥しに挑戦しました。
結果はというと困った惨敗{困った}でした。
まず、ヘッドを外す時に傷だらけになり、ラクシオンを押えるプラパーツも
外す際に割れてしまい、再利用不可な状態になってしまうし、リフレクターが外れなかったため一緒にハイターにつけて、その後無水エタノールでリフを拭いたら、、、、
リフの表面の銀箔が剥がれ、一面金色になってしまいました怒り
rifu.jpg


でまあ、このままでも一応照射光は白いのですが,精神衛生上よろしくないということでリフの付け替えと相成りました。

私はこの手のModは初挑戦なので、BBSで相談した所ごんたさんに色々とアドバイスを頂きました。
サンドイッチショップで売っているφ20mmのミニマグ用のリフだと高さが足りないし、φ27mmだと高さは充分かもしれませんが直径が大きいためヘッドに仕込むには加工が必要ということでした。
それを踏まえて私の技術で出来て、なおかつ簡単な方法は何かないかなって考えてみますと,ヘッド内のラクシオンとDCコンの間のアルミのスペーサーの高さを高くして,φ20mmのリフを採用するのが簡単なようです。

現在サンドイッチショップにリフは発注中ですので、とりあえず手元にあるミニマグAAのリフを加工して試作してみました。

11mg.jpg

左が今回新たに作ったスペーサーを仕込んだもの,右が元々のスペーサーです。
このスペーサーですが,近所で直径21mmのアルミパイプがなかったので、仕方がないのでアルミ板から切り出して円筒形を作って代用としました。
結果的にヒートシンクとしても容量がアップしたと思います。

ミニマグのリフを仕込んだ照射光は、オリジナルよりも照射範囲が広がり全体をまんべんなく照らす好みの感じになりました。
サンドイッチショップからリフが届き次第、再度リフを交換したいと思います。
こうご期待笑いって誰も期待してないか困った