自分への誕生日プレゼントにと発注していた、G3さんオススメのウェンガーのパステルが到着しました笑い
pasuteru.jpg


今回ウェンガーのナイフを実際に手にとったのは初めてだったので、気が付いたことをレポしたいと思います。

1.大きさ実際に手にとってみた第一印象はでかい!でした。
写真で分かるように、ビクトリノックスのクラッシックと比べるとパステルの方が一回り大きく、レザーマンのマイクラとほぼ同じサイズでした。

2.ツール
クラッシックに比べてサイズが大きいため、一つ一つのツールも必然的に大きくなっています。クラッシックでははさみやナイフは貧弱で小さく、頼りない感じがぬぐえませんでしたが、パステルにはそのような感じは受けませんでした。
はさみのばねも非常にしっかりしていまして、頑丈そうです。

3.リングの位置
キーリングに取り付けるためのリングの位置が、ビクトリノックスとウェンガーでは異なりました。
ビクトリノックスははさみの付け根とは反対側にリングがあり、ウェンガーでははさみの付け根側にあります。
このリングの位置は結構重要で、実際にキーホルダーなんかにつけていた場合、ビクトリノックスではナイフを使う場合に一緒につけているキーホルダーが邪魔になって取り回しにくかったので、ウェンガーの方が実用的な印象を受けました。



とまあ、色々と違いはありますが、ウェンガーのパステルも非常に良いツールだと思います。日本では相変わらずビクトリノックスに比べて、取り扱っているお店が少なく認知度も低いですが、ビクトリノックス傘下になったことで今後ビクトリノックスと並んで販売されると良いなと、ささやかな期待をもっております。